単純性・複雑性のイレウス

イレウスは単純性イレウスと複雑性イレウスに分類されます。
まず単純性イレウスは腸管に閉塞が認められるだけで、血行障害が認められないのが特徴です。
原因としては、腹膜炎、腹部の手術を経験したあとに生じる癒着により、腸管の閉塞や屈曲するということが挙げられます。
この頃は、進行大腸がんが引き金となる大腸のイレウスが多くなってきています。
また、数は多くないものの、寄生虫や胆石をはじめとする異物が引き金となるケースもあります。
引き起こされる症状は、消化管の動きと共に発生する強力な痛みです。
一時的な痛みを繰り返し、痛みの度合いは段々と増していくという特徴があります。
また、小腸の上部と下部を比較した場合、下部に閉塞が引き起こされているときのほうがひどい痛みになりやすいといわれています。
次に複雑性イレウスに関してですが、これは腸管に癒着が起こったり、癒着により生じるひもで締め付けやねじれが起こったり、腸管に栄養を届ける血管に詰まりが生じたりすることで、血行障害が認められるのが特徴です。
複雑性イレウスを引き起こした場合には、緊急手術をしなくてはいけません。
血液を腸へと届けることができないことから、壊死して穴が発生したり、多臓器不全や敗血症を招く引き金になります。
また症状には腹痛を挙げることができますが、いきなり激しい痛みに襲われるだけでなく、痛みは増すばかりです。
腹部の膨満感はあまり見られず、腸管全体の麻痺が起こります。
押してみると痛みを感じるため、触診で明らかになる場合があります。
壊死がひどくなると、腹部全体に腹膜炎が生じ、余談を許さない状態になります。