イレウスでの下痢

イレウスでは便秘はありますが、下痢が引き起こされるようなことはまずないでしょう。
しかしながら、イレウスを引き起こすと、下痢に似たような吐しゃ物を吐くケースがあります。
これは、イレウスでは腸の内容物がとどまるようになりますが、これが食道を通じて逆流することによって引き起こされるのです。
そうなると、下痢便に似た色になったり、下痢便に似た臭気を帯びるようになります。
腸の癒着、ねじれ、外側から受ける圧迫などによって、腸の内容物が肛門のほうへと動かなくなるのがイレウスです。
このため、便秘が引き起こされたり、ガスが排出されるようなことはありますが、普痛下痢が起こることはまずないと考えられています。
ですが、場合によっては、初期段階のイレウスでは下痢の症状が起こることもあるといわれているのです。
腸全体が詰まると便秘が引き起こされますが、部分的な場合には下痢の症状が認められるケースもあるとされています。
そのため、下痢の症状があるということはイレウスの可能性はないものと、早合点するのは好ましくありません。
何もしないでいると詰まりがひどくなり、深刻なイレウスに発展するリスクもあります。
それから、イレウスの手術をしたあとに、下痢の症状が引き起こされたという人もいます。
イレウスというのは、ひどくなると全身状態が悪化し、腸の壊死を招くと命を落としかねません。
イレウスにはいろいろな症状が認められますので、サインを見逃してはいけません。
自分の健康状態を確認し、ちょっとでもおかしいと思ったらすぐに病院を訪れましょう。