イレウスの治療方法

イレウスはどのようにして治療するのか、その方法を見ていきましょう。
まず、あまり症状が深刻ではないというケースだと、食事や水分を摂る量をコントロールし、胃腸を休息させます。
それから、電解質異常や脱水の症状を解消するために、点滴を打つ形になります。
以上のような方法でイレウスが良くなるケースもありますが、良くならなければチューブによる治療が選択される形になるでしょう。
チューブは鼻や口から挿入し、これは腸にまで達します。
こうすることにより、腸に詰まった内容物を体外へと排出するのです。
イレウスを引き起こすと、肛門のほうへと内容物がいかなくなるので、大便やおならが出ない状態に陥ります。
ですが、内容物を体外へと排出することにより、腸にかかる圧力が小さくなるため、大便やおならが出るように改善されます。
ただ、これらの方法をとったとしても、良くならないケースというのはあるのです。
チューブを使用しても駄目な場合は、外科的治療に踏み切る形になるでしょう。
外科的治療というのは手術のことを意味していますが、これは開腹することにより、腸などに詰まった内容物を除去する方法となります。
ただ、開腹手術は新たなイレウスの原因にもなるため、最後の手段になります。
というのも、開腹した場合、新たな腸の癒着を招くことに繋がるからです。
イレウスの治療がイレウスのリスクを増大させるというのは皮肉な話ではありますが、手術による治療方法を選択した場合、これは避けられないものと思っておきましょう。