イレウスでの便秘

イレウスの代表的な症状は、便秘により生じる強烈な腹痛や嘔吐などとなります。
ただ、イレウスにより便秘を招くことはありますが、便秘だと必ずしもイレウスを引き起こすということではありません。
はじめに便秘に関してですが、これは腸にしっかり水分が届かずに、便を排出しにくくなります。
これに対し、イレウスというのは、様々な原因から腸が部分的に狭まり、食べたものなどが腸に詰まります。
水分が足りなかったり、食物繊維が足りなかったりすることに端を発する便秘とは異なり、腸自体の障害を招いているのがイレウスということになります。
ちなみに、イレウスというのは、大腸の手術を受けたあとに起こることが多いといわれています。
これは、手術により開腹したことで、腸の癒着が起こるリスクがあるためです。
なお、イレウスに見舞われていると便秘を招きますが、便秘自体がイレウスを招く直接的な引き金になったりはしません。
また、便秘によっても腹痛を感じることがありますが、イレウスの場合の痛みはこれを遥かに超える痛みとなります。
便秘とイレウスを似たようなものだと認識している人が少なくありませんが、これらは全然違うものです。
便秘だと思ってきちんとした対策をとらずにいると、次第に症状がひどくなり、本当のところはイレウスを引き起こしていたということもあり得ない話ではないのです。
普段感じたことがないような腹痛、嘔吐などが引き起こされたなら、イレウスかもしれないと捉え、急いで病院を訪れることが大切です。